2018/03/25

伊賀の20世紀遺産の魅力を探ろう

今日は伊賀上野まちづくり市民会議の滝井利彰さんによる日本イコモス選定日本の20世紀遺産見学会「伊賀の20世紀遺産の魅力を探ろう」に参加してきましたよ♪

まずは坂倉準三デザインの伊賀市役所の庁舎
手前の白っぽいのは洗浄したそうです。
奥の黒っぽいのは50年の汚れが染み付いてるそう…

庁舎内部
コンクリート打ちっぱなしの木目は
当時コンクリートを流し込むのにスギの板を使われていて
その木目の跡がそのまま残っているそうです。

雨樋のデザインが斬新!
そして石のところにしずくが落ちるようになっている

庁舎2階から

木枠を縦やったり横やったりにしてデザインしているよう

坂倉準三氏デザインの椅子

西側からみた庁舎

上野西小の体育館

滝井利彰さん

上野西小の渡り廊下?


東京にあるのと同じデザインの階段がこんなに身近なところにっ!

ブツブツ気になるわぁ…



川崎克氏制作の伊賀焼の芭蕉像
土台も伊賀焼の陶板が使われています。

伊賀上野城

天守閣には弓矢がはめ込まれています

滝井さんの説明にも力が入ります

好きだな、鯱ーず♪

2 件のコメント:

  1. こんばんは
    ご無沙汰してました。
    お元気でしたか?
    坂倉準三デザイン伊賀市役所の庁舎や上野西小は
    近代的なデザインで洒落てます。

    私伊賀焼きの湯飲み使ってます。
    高いものではないですけどね。

    伊賀上野城は名城ですね。 ^~^

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。
      ぼちぼちやってます(笑)
      yutaさんみたいにマメに更新していないので…

      坂倉準三さんご存知ですか?
      そうなんですよ、今回の説明を聞きながらなるほどとなりましたわ(*^^*)

      伊賀焼、素朴な味わいがいいですよね♪

      名城と言っていただきありがとうございます!
      嬉しいですヽ( ´∀`)ノうふふ♪

      削除